靴の寄付を着払いで受け付けている団体はある?

靴の寄付をして見たいけれど、手続きが大変そう・・。と心配の方に、この記事では、靴の寄付について詳しくお伝えしていきます!

 

実際に靴の寄付をしている団体について、着払いや荷物を取りにきてくれるサービス、また、靴の寄付を持ち込みで受け付けている団体についてリサーチをしました。

 

靴の寄付を着払いでできるところはある?

靴の寄付を着払いで受け付けている団体をピックアップしました!

 

自分のクツが寄付金になる「フクサポ」

こちらの「フクサポ」というサービスは、株式会社KurokawaとNPO法人テラ・ルネッサンスが共同で行なっている古着のリサイクル・リユース・寄付プロジェクトです。

 

寄付できるのは履かなくなったクツ、また洋服・バッグやアクセサリー、帽子やマフラーなどの服飾雑貨も受け付けています。

 

「フクサポ」にクツを送る際は、クツを段ボールにつめるだけ!専門業者が自宅に受け取りに来てくれます。
日時も指定できるので、とても手軽で、忙しい方にも便利ですよね。

 

目安として、クツ・衣類を段ボール1箱分を寄付すれば、ウガンダでの子供への給食約2食分に相当する寄付金を得ることができます。

 

段ボールの大きさが120cm?160cmサイズ以内であれば、重さに関係なく送料無料で送ることができ、便利でかつラクチンです。(北海道・沖縄・離島の方は着払いは不可)

 

公式サイト: https://fukusapo.com/

 

洋服がワクチンになる「古着 de ワクチン」

こちらの仕組みは、人気サイト株式会社リクルートが管理する「ゼクシィBaby」とコラボをした取り組みになっています。

 

もう履かなくなってしまった靴・衣類・バッグなどを袋に詰めて送るだけで、その靴などが途上国へ届けられます。

 

また、認定NPO法人「世界の子どもにワクチンを 日本委員会(JCV)」との連携も行なっているため、衣類などの寄付金が子どもたちのための命を守るポリオワクチンとして活躍します!

 

ネットで簡単に申し込みをした後、着払い伝票とダンボールが届くので、衣類を詰めて送るだけです。

 

公式HP:http://furugidevaccine.etsl.jp/index2.html

 

 

靴の寄付を持ち込みで行っている店はこちら

 

続いて、要らなくなった靴を持ち込みで受け付けているサービスについてご紹介します。

 

洋服ポスト

この「洋服ポスト」と呼ばれるサービスでは、まだ使えるけれど履かなくなった靴、サンダル、洋服、バッグなどを紙やビニール袋などに入れて窓口に持って行きます。

 

預かってもらった衣料品は、世界の古着工場や古着マーケットに送られ販売されるほか、社会貢献を掲げる他の支援団体へのサポートにも繋がります。

 

「洋服ポスト」の開設所は、関東を中心に東京・神奈川・群馬など幅広く展開しているので、いらなくなった靴をお持ちの方はぜひ行ってみてください!

 

寄付を受け付けている店舗の詳細は下の公式サイトに最新情報が載っています。

 

公式HP:http://www.yofukupost.net/

 

そごう・西武によるこども靴下取りサービス

こども靴は、こどもの成長に合わせて靴のサイズが変わってしまったり、こどもの好みが変わってもう履かないし、履かなくなってしまう靴が多いのではないでしょうか?

 

そんな時に、いらなくなったこども靴を全国のそごう・西武店舗の服売り場下取りコーナーに持っていくだけで、下取りをしてくれます!

 

こども用の靴1点につき、こども服売り場で使える500円割引クーポンがもらえます。

 

回収された靴は、国際NGO「ジョイセフ」を通じてザンビア共和国の子供たちへ寄付されたり、リサイクルの活動として使用されます。

 

公式HP:https://www.sogo-seibu.jp/kodomogutsu_houkoku/

 

 

いかがでしたか?

 

今回の記事では、いらなくなった靴の寄付について、着払いで受け付けているサービスや、直接店舗に持ち込みを受け付けているサービスをご紹介しました。

 

もう使わない靴を寄付したい、とお考えの方の参考になれば幸いです。

 

トップページ:ブランディアで寄付する方法>>