神社でぬいぐるみの処分ではなく供養をしてくれるって本当?

神社でぬいぐるみの処分ではなく供養をしてくれるって本当?

大事にしていたぬいぐるみや人形。
もう必要はないけれど捨てることが出来なくて、飾ったままにしたり、押し入れの中にしまってあるという方が多いのではないでしょうか。
私も小さい頃から両親に、「目のある物は簡単に捨ててはいけないよ」とよく言われていたので、ぬいぐるみや人形を処分することが出来ませんでした。
でもいつまでも家の中に置いておくのも悩ましいですよね。
そこでどうやってぬいぐるみを手放せばいいのか色々調べてみたところ、神社でぬいぐるみの供養をしてくれるということを知りました。

 

あまり知られていないのですが、多くの神社でぬいぐるみや人形の供養をしてくれています。
費用は神社によって様々で、「お気持ち次第」というところもあれば10,000円というところも。
大体の相場は3,000〜5,000円といったところでしょうか。
供養が終わるとお焚き上げをするのが一般的ですが、供養後のぬいぐるみを途上国へ送って施設や現地の人達に使っていただく活動をしている団体もあります。
最近では直接神社へ持ち込まなくても、宅配でぬいぐるみ供養を行ってくれる神社もあり、忙しい人にも利用しやすくなっています。

 

長く大事にしていたぬいぐるみは、おもちゃというより姉妹や友達、あるいは子どものような存在。
使わなくなったから…と言ってゴミ箱に捨ててしまうことはなかなか出来ません。
今まで一緒にいてくれたぬいぐるみや人形への感謝をこめて、心をこめて供養してからお別れしたいものですね。