古着deワクチンとは?古着の寄付に送料がかかるの?

古着deワクチンとは?古着の寄付に送料がかかるの?

 

古着deワクチンとは、古着を送ることで開発途上国の子供たちにポリオワクチンを寄付する活動です。
古着の寄付に送料がかかるのかということですが、古着deワクチンをするためには、赤すぐnetで「購入」申し込みをする必要があり、その際、注文合計金額が5400円以下の場合に540円(一部離島、山間部の場合は2160円)かかるものです。段ボール箱なしの場合は専用着払い伝票のみ、箱ありの場合は中サイズまたは大サイズの箱と専用着払い伝票を購入します。赤すぐnetから届いた段ボール箱等に不要になった衣類や靴やバックを詰めて、着払いにて送るのです。
着払いなので、古着を送付する段階では自分には送料がかかりません。
せっかく寄付をするのに送料がかかるなんて、なんだか損をするような気がするかもしれません。
けれど購入金額の中には、段ボール箱代(利用する場合のみ)、古着の輸送費、ワクチン寄付が含まれています。
しかも古着deワクチンを利用すると赤すぐnetで利用できる1000円分のクーポン(利用期限はクーポン発行日から2か月後まで)が届きます。
段ボールなしの場合は、1000円で購入することが出来るのですが、購入費がクーポン代で相殺されてしまうので、損をした気持ちにはならないのではないでしょうか。
むしろ、思い入れがあってなかなか手放すことが出来なかった子供たちの洋服、捨てるには忍びなかった靴やバックなど、誰かに使ってもらえるだけでなく社会に役立てることが出来るので、プラスになります。